2012年04月28日

勝手な予想シリーズ 刑法

事実認定系⇨処分行為の認定(詐欺、窃盗の区別)、占有の所在の認定、早すぎた構成要件の実現。

僕の好きな事例演習教材から、3問、2問、2問取り上げられているからです!佐伯先生も共著してるし!

法理論系⇨不法原因給付(横領、詐欺、盗品に関する罪、旧司H10-2型)。

民法と刑法の交錯、異なる犯罪類型の交錯領域は可能性あるかなという感じです。
posted by よしろー at 14:44| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■ども
事例演習教材、去年の刑法もズバリでしたね。
試験後に初めてあの教材をやったときは、ショックでした(笑)。

民法と刑法の交錯というと、占有?
Posted by kent@lawschool at 2012年04月28日 21:28
■Re:ども
>kent@lawschoolさん

民法と刑法で目的が異なるから取り扱いを変えるみたいな話が出てくる論点です!今年も事例演習教材からでてくれればおいしいです笑
Posted by よしろー at 2012年04月28日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: