トウレンも終盤

伊藤のぺー論はすでに終了し、辰巳のスタ論も残すとこあと2週です。総じて、倒産が一番よく点数とれてた。続いて民訴、商法、民法、刑法、刑訴、行政、憲法といった順。憲法はまあしかたないかなと。書き方自体は本番仕様のものがあるので、9月までこの書き方でよいのかはわかりません。ただステレオタイプでないことは確かです。去年の問題でなぜか明確性を6割くらい書いて110くらいついてる人もいるし、争点につき具体的…

続きを読む

むむ

今日は寝つきが悪い。なかなかプレッシャーを感じてるんやろな。みんな、もう不安だらけ。多分。不安は、勉強量で解消。自分で言ったことだ。明日から、いまいちど気合いを入れ直す。精神論じゃなく、合理的に勉強するのは勿論やけど精神論もときにはものをいう。論述も、最後の一文字まで説得する気持ちで書いたほうが相手を説得できる文章になるはず。何事も、気持ちが大事なんや。気持ちが入ってなきゃ、なにもなし得ない。負…

続きを読む

復習の割合

もはや、残すのは復習だけ。記憶を正確にする。公法はコストパフォーマンスが悪い。現場思考性が強いし、そもそも採点基準が不明確。刑訴は、それなりに方法を確立したのであてはめ勝負。しかし、文章力ないから、去年以上の点数はとりづらい。となると、倒産を含めた、民事が中心となる。民事に関しては、択一論文ともに知識がものをいう。3回目の受験生が受かるためには、民事攻略でしょ。文章力ある人は公法、刑訴で稼げるけ…

続きを読む

刑訴予想

伝聞笑と自白。と違法収集。もしや、訴因変更まで。超事務処理能力型。意表をついて、接見交通。多分伝聞と何かミックスやろな。

続きを読む

民訴旧試

解析を通じて民訴旧試をやっています。司法試験の問題て、ほんまに上手くできてて、なるほどそこに論点あったかーと楽しくなってきています。まあ、論点発見出来てないってことでやばいんですが。個人的に、民訴の問題とくのが一番好きです。理系思考に一番あってるきがします。逆に、刑訴とか、憲法とかどうにでも書けそうな科目は、なんというか問いてるって感じがせず億劫になります。一番民事が出来てなかったのは、要は勉強…

続きを読む