2017年08月19日

思い出の甲子園

どーも、よしろーです。

今日の高校野球はしびれましたね^_^ネットでは、ファーストでの交錯プレーの影響等が取り沙汰されてますが、昔野球をやっていた感覚からすると、ランナーとの交錯はよくあることだと思います。ショートでしたが、盗塁してきたランナーのスパイクが膝に入り、膝が血だらけになったこともありました。
交錯プレーの是非は、なんともいえません。

1.思い出の甲子園

では、本題です。あ、私が甲子園に行っていたというわけではありません笑
松坂率いる横浜高校が優勝した夏の甲子園です。

あの年は、本当に最高でした笑

なにせ、スターが多すぎでした。

横浜高校の松坂大輔投手

浜田高校の和田毅投手

豊田大谷の古木克明選手

明徳義塾の寺本四郎投手

PL学園の上重聡投手

沖縄水産の新垣渚投手

埼玉栄の大島裕行選手

2.特にすごかった試合

やはり、横浜対PLの延長17回です。笑
半端ない!

当時、テニス部だった私は、その試合当日部活が入ってしまい、なんでこんな日に部活が入るのだろうと悔やんでいました。

部活が終わり、「もう試合終わってるだろうな、みたかった」と、家に帰り、何気なくテレビのスイッチを押すと、まさか、横浜対PLの試合が続いてるではありませんか笑

嘘だろうと、テレビにかじりついて見たことを覚えています。

突き放しては、追いつきの、繰り返し。あんな劇的な試合があるでしょうか。


もう一つ、しびれた試合があります。

皆さんもしびれたと思います。

そう、

横浜対明徳義塾戦です。

横浜高校は、PL学園戦で疲れた松坂投手を温存し、その結果8回裏まで、無得点。
6点を明徳にリードされ、万事休すかと思いきや、一挙4点。そして、9回には松坂も登板し、
逆転サヨナラを呼び込む!

当時は言われてない時代でしたが、松坂投手は完全にもってました笑

まじ、すげーよ!

他にもたくさん、面白い試合だらけで、満腹でした。

posted by よしろー at 23:57| Comment(0) | 甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする